慰謝料を請求する

これから離婚を検討している方は、慰謝料についていくら請求していくか考えていかなければなりません。
精神的苦痛などを受けていれば、それなりの金額をもらうことができますが、その相場を把握しておかなければなりません。

まず慰謝料をもらうための流れをチェックします。
最初は話し合いを行っていくことになりますが、同居をしている時には非常に話しづらく感じてしまうかもしれません。
しかし慰謝料を直接請求していく旨をしっかりと伝えていかなければなりません。
慰謝料の支払いについて合意を得た上で、次にいくら支払っていくか金額の話し合いを行っていきましょう。
ここで希望額をきっちり伝えていく方が効率的です。
別居をしている時には慰謝料の支払いを直接伝えるのが難しくなっていますが、しっかりと機会を作らなければなりません。
ここで気をつけたいのが証拠です。
証拠がなければ慰謝料の請求でもめてしまうことがありますので、メールなど形に残る媒体を利用して連絡を入れていきましょう。

どうしても慰謝料について結論が出ない時には民事訴訟であったり、離婚調停を裁判所で行っていきます。
これで慰謝料が決まっていきますが、ここでも対応いかんによっては金額が大きく変わっていきます。
そこでもまとまることができないようであれば、離婚裁判を開廷することになります。
離婚の問題などを一緒に解決していき、最終的な慰謝料を決定します。
そして証拠によって慰謝料が変化しますが、相場はある程度決まっていきます。

Copyright © 2014 いかほど?離婚の慰謝料相場 All Rights Reserved.